苦しい節約にサヨナラ!楽チンで最大効果が出る「固定費節約」方法を紹介!

【2019】老後資金は夫婦2人でいくら必要になる?

こんにちは。ゴリラママです!

老後資金はトータルでいくら準備しておけばいいの? というのは、誰しもが一度は感じる疑問ですよね。

子育て世代なら、特に今でいっぱいいっぱいで、将来の老後資金まで準備できないという方もいるはずです。

今回は、そんな「老後資金」について、夫婦二人で老後「30年間」過ごすと仮定した時に「全額でいくらかかるか」を計算してみました。

さらに、どうやって老後資金を準備すると良いかの「方法」も解説しています。

老後資金をいくら準備すれば良いのか、どう準備するべきか興味のある方は、参考にしてくださいね。



老後資金はいくら必要になる?夫婦2人の場合

最初に結論を言ってしまいますね。

実は、夫婦が30年間過ごす場合に必要なトータルの金額は、政府の「家計調査報告(家計収支編)平成29年(2017年)」の「夫65歳、妻60歳以上の高齢無職夫婦の平均支出」から計算すると、次の通りです。

夫婦で30年間生きるのに必要な老後資金(平均値より算出)
・95,338,080円……約9,500万円

家の修繕費などもかかるでしょうから、余裕を持った金額を試算すると、+500万円は欲しいところですよね。

となると、およそ1億円必要です。

では、今から本当に1億円も準備しておく必要があるのでしょうか?

自分で準備するべき老後資金は夫婦2人でいくら?

1億円の老後資金が必要と言っても、実際には「退職金」や「年金」といった存在があります。

つまり、本当に準備するべきはその「退職金」と「年金」の支給額を引いた金額です。

退職金は平均していくらになるの?退職金を引いた老後資金はいくら必要?

退職金は、平成30年就労条件総合調査によると、大卒で平均1.983万円高卒(管理・事務・技術職)で平均1,618万円高卒(現業職)で平均1,159万円でした。

高卒全体の平均値を計算すると、約1,389万円です。

厳密には大卒者と高卒者の人数が違うので平均を取るのは少々乱暴ですが、無理やり平均してみると、約1,587万円

老後資金に必要と言われる「1億円」から引くと、残りは8,413万円です。

ゴリラママ

まだまだ個人で準備するには厳しそうな金額です。

次に、ここから年金の支給額を引いてみましょう。

公的年金は将来いくら支給されるの?

公的年金の支給額は、現代では平均して月々約20万円。大きな金額ですよね。

将来的に「年金はもらえない」と思っている方も多いと思いますが、そんなことはおそらくありません。

支給額の改正はあるでしょうが、もらえなくなることはないでしょう。

ということで、今よりも25%年金が減ったと仮定してみると、平均して月々15万円支給されることになります。

これが30年間続くとなると、15万円/月×12ヶ月/年×30年=5,400万円 です。

老後資金として必要な1億円から退職金をひいて残り8,413万円。

さらに年金を引いて3,013万円。

結論としては、約3,000万円を老後までに準備すればいいということになりました。

これを30歳から30年間かけて貯めたとしても、月々8.3万円の貯蓄が必要です。

ゴリラママ

月々8.3万円を30年も貯め続けるのは正直いって大変です。

となると、普通の貯蓄の他に、もともとあるお金を「資産運用」して増やす方法も併用するのが不可欠になってきますよね。

次の章では、具体的に老後資金を貯めるのにどんな方法があるかをご紹介します。



年金・退職金で足りない老後資金を準備する方法3つ

年金や退職金で足りない老後資金を準備する方法としておすすめなのは、次の3つです。

老後資金を準備するおすすめの方法
  1. 貯金(財形貯蓄など)
  2. iDeCo(個人型確定拠出年金)
  3. 個人年金保険

貯金(財形貯蓄など)

まずは、基本の「貯金」です。普通にお金を貯めるという方法ですね。
銀行に普通預金で預けるのもいいですが、強制的に貯金してしまいたい方には「財形貯蓄」がおすすめです。

財形貯蓄は会社の制度を利用し、会社と提携している銀行に「天引き貯金」するというものです。
会社によっては特別な利率になっていることもありますので、コツコツとお金を貯めるにはぴったり。

強制的にたまっていくので、うっかり使ってしまうことがないのも嬉しいですね。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、個人で準備する年金のことです。
公的年金とは異なり、証券会社などの商品をiDeCoとして積み立て投資し、将来にむけてふやす、といういわゆる「投資商品」です。

公的年金で足りない金額を、iDeCoの制度を使って節税しながら貯める、という方も多いんですよ。

iDeCoには、4つのメリットがあります。

iDeCoのメリット4つ
1.積み立てに使う金額は全て所得控除の対象になる
2.運用益は「非課税」
3.受け取るときは税金控除の対象となる(支払う税金が少ない)
4.初心者でもわかりやすい低コストな運用商品が用意されている

デメリットは、60歳まで引き出せないこと。

ですから、老後資金以外の目的には使えません。

iDeCoを始めるのにおすすめの証券会社はマネックス証券です。
業界最大手で運営管理手数料無料。ローコストな投資商品が揃っており、初心者にも優しい説明もあります。

興味がある方は、まずはマネックス証券の申込書を請求し、じっくり考えてみてくださいね。

個人年金保険

個人年金保険は、保険としての機能を持ちながら、将来に備える貯蓄型商品として運用できる「保険商品」です。

生命保険の一種で、こちらも公的年金とは別ものです。

「個人年金保険料控除」が受けられるので、節税になるのが嬉しいポイントです。

iDeCoと似ていますが、iDeCoと異なるのは、「支給額が保証されている商品が多い」ことです。

個人年金型保険は、主に2種類あります。

・一定期間支給されるタイプ
・一生涯支給されるタイプ

iDeCoと異なるのは、こちらは「保険商品」なので、万が一契約者がなくなってしまった場合には、保険のとりきめに応じて保険金が支払われるところです。

こちらは、契約者が亡くなったら金銭的に困る方におすすめの、将来への備え方です。

個人年金保険を検討したい時は、複数の保険会社を比較して、ベストな選択肢を提示してくれる保険見直しラボがおすすめです。

老後資金を準備したくても、まずは家計を見直さないといけない、固定費を削減したい……という方には非常に便利なサービスです。

顧客満足度が非常に高く、ベテランのFPが丁寧に「保険の仕組み」から納得いくまで教えてくれるところが魅力となっています。

保険改善を通じて家計の見直しにつながるので、今よりも貯金を増やしたい方にもおすすめ。

ゴリラママ

我が家も保険見直しで月々1万円以上の節約に成功しました!

もちろん、強引な勧誘は一切ありませんので、個人年金保険に興味がある方、保険見直しを通じて家計を改善したい方は、ぜひ一度保険見直しラボを利用してみましょう!



老後資金がいくら必要かは家庭によって違う!夫婦で協力して老後資金の準備を

夫婦で老後30年間普通に生活していくには、約1億円の老後資金が必要です。

とはいうものの、年金や退職金などを加味すると、実際に老後までに用意すべきは3,000万円程度のお金です。

今からそれだけのお金を準備するには大変ですが、次の方法でコツコツ備えるのがおすすめです。

・貯金(財形貯蓄など)

・iDeCo(個人型確定拠出年金)

・個人年金保険

いずれも、今の家計を改善しなくては積み立てができないという過程もあると思います。

節約に効果的な「保険見直しを通じた家計改善」に強い保険相談サービス「保険見直しラボ」なら、無料でベテランFPさんに保険・家計相談が可能です。

☑️将来に不安がある
☑️少しでも貯蓄に回すお金を増やしたい
☑️個人年金保険に興味がある

一つでも当てはまる方は、ぜひ保険見直しラボでFPさんに相談をしてみましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です