苦しい節約にサヨナラ!楽チンで最大効果が出る「固定費節約」方法を紹介!

虫歯菌を除去する方法は?子育て中、実際に効果があった方法4つ

スプーンの共有や大人が口をつけたものを食べさせるといった行為で「虫歯菌」が子供にうつる! ということは、最近の育児ではよく知られています。
我が家でも家庭内で子供に虫歯菌をうつさないように気をつけていましたが、「顔の近くで話すだけでうつる」可能性があるものを100%防ぐのは無理ですよね。

そこで、今回は虫歯菌を子供のお口から除去する方法について、歯医者さんのホームページなどを参考にしながらまとめてみました。
実際に我が家で行なっているものばかりで、子供も虫歯ゼロを生まれてから3年間キープできていますので「効果あり」と言えるものばかりです。

ゴリラママ

子供の虫歯菌をどうにかしたい、除去したいとお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね

子供のお口から虫歯菌を除去する方法は?

子供のお口から虫歯菌を除去する方法は、ざっくりと分けると次の2つの方法があります。

虫歯菌を除去する方法は?
  1. 家庭での適切なケア
  2. 歯医者でのプロフェッショナルな処置(3DSなど)

1.家庭での適切なケア

虫歯菌を除去し、虫歯予防をするのに最も大切なのが「家庭での適切なケア」です。
歯医者さんでケアをしてもらう機会があったとしても、虫歯になる前ではせいぜい3ヶ月に1回ほどですから、どれだけそこで歯をキレイにしてもらっても、日頃のケアが悪ければあっという間に虫歯になってしまいます。

家庭で適切なケアを習慣づけしてやることで、口内環境を良い状態に保てますし、歯医者さんで特別なことをするよりもずっと効果的です。

具体的なケア方法については、のちほど解説いたしますね。

2.歯医者でのプロフェッショナルな処置(3DSなど)

家庭で適切なケアができているのであれば、はっきり言って未就学児に対して歯医者さんでのプロフェッショナルなケアを受けさせるのは厳しいです。

ケアがきちんとできていればそこまでする必要がない上に、小さい子では治療や処置に耐えられません。

有名な虫歯除去方法に「3DS」という除菌プログラムがありますが、こちらは主に「大人向け」として紹介されているケースが多く、早くても「小学生以上」のお子さんに対して行う記述しか見つかりませんでした。

虫歯菌を除去する「3DS」とは

3DSと聞くと、子育て世代の方は携帯用ゲーム機を想像する方が多いと思いますが、虫歯ケア業界で3DSといえば「3DS(デンタル ドラッグ デリバリー システム)」の略です。

3DSは、「Dental」-「Drug」-「Delivery」-「System」の頭文字をとって名付けられています。
簡単にいえば、虫歯菌や歯周病菌を直接薬剤でやっつけよう! という治療法です。費用は私がチェックした歯科医では2〜3万円ほど。

歯に薬剤入りの専用トレーを装着する必要があるので、小さい子供では「無理」ですね。ちなみに、子供を産む前に親御さんが口内環境改善のために行うケースも多いようです。

となると、やはり6歳未満の子供に対して行える最も効果的な虫歯除去の方法は「家庭でのケア」ということになりますね。

家庭でできる虫歯菌を除去する4つの方法

さて、現実的に未就学児のお口から虫歯菌を除去しようと思うと「家庭での適切なケア」が必要だということがわかりました。
ここでは、歯医者さんが推奨している、かつ我が家で実践して「本当に効果があった」、「やりやすい」ケア方法をご紹介します。

本当に効果のある子供の虫歯菌除去対策
  1. 毎日歯磨きを習慣化させる
  2. 虫歯菌抑制効果のある歯磨き粉を使う
  3. キシリトールを摂取する
  4. フロスで食べかすを取り除く

1.毎日歯磨きを習慣化させる

虫歯菌が増える原因は糖分などの「エサ」があるからです。
しっかりと1日2回、すくなくとも夜寝る前には歯磨きをして「エサ」を除去しましょう。

イヤイヤ期の子供や、歯磨き嫌いの子は毎日させるのが大変ですから、どうしてもできないときはあとでご紹介する「タブレット」なんかを与えるだけでも少しは効果があります。

エサがなければ、やがて虫歯菌は増えることができずに少しずつ除去されます。
徹底的に、なんとか子供が喜んで磨いてくれるように工夫をしながら毎日やってみましょう。

2.虫歯菌抑制効果のある歯磨き粉を使う

歯磨き粉といえば「フッ素」というイメージを持つ方が多いですが、フッ素は歯を強くする効果があっても、実は虫歯菌そのものを除去・抑制することはできないのです。

虫歯菌抑制成分が入った歯磨き粉というと数が非常に限られてしまいますが、我が家の場合は【ブリアン】を使用しています。

有効成分である乳酸菌「ブリス菌」が虫歯菌を抑制し、口内環境を自然にととのえてくれます。
味も子供が大好きなイチゴ味で、市販のものと違い「100%食べられる成分」でできているので安心です。

変な苦味もなく、この歯磨き粉に変えてから「お菓子みたいにおいしい」と子供も喜んで歯磨きをしてくれるようになりました。
歯磨きの効果も大切ですが、なにより子供が「喜んで歯磨き」してくれるということもとっても重要だと思います。
もちろん、お子さんが気にいる歯磨き粉が別にあればそれでOKです。

3.キシリトールを摂取する

我が家で毎日実践しているのが、歯磨きの後や、すぐに歯磨きができないときなどに「キシリトールタブレット」を子供に食べさせるという方法です。
かれこれ2年ちかく実践していますが、これは子供も「ごほうび」感覚で喜ぶ上に、効果ありだと思います。

市販品でキシリトールタブレットはたくさんありますが、2歳以上の子供ならしまじろうのタブレットだけが「甘味料のうちキシリトールが100%」をうたっているので、非常におすすめです。

1歳半以降に使える商品では、90%がキシリトール配合のピジョンがおすすめです。こちらは、味もいろいろ選べますので、好みによってはこちらを使うのもアリかもしれません。

歯科医さんによると、キシリトールは「2ヶ月以上」続けることで効果が出るそうなので、ぜひ長く続けてみましょう!

4.フロスで食べかすを取り除く

歯医者さんに行くと、りんごやオレンジ、レモンなどの様々なフルーツの味がついた子供用フロスが売っています。
ネットショッピングでも買えますが、我が家ではそういうカラフルなおいしいフロスで子供の虫歯ケアをしています。

子供の歯って、成長するにつれて やや すきっ歯になりますよね。大きくなるとお肉も食べるようになりますが、よく詰まるのでフロスは必須アイテムです。

虫歯菌の除去を家庭でやるなら根気が必要!じっくり焦らずとりくんで

虫歯菌の除去を家庭でしっかりやろうと思うと、工夫や根気が必要です。
イヤイヤ期などでうまくいかない日もありますが、私は「口内環境は一日にしてならず!」という言葉を胸に頑張っています。

いい意味でも、悪い意味でも短期間で口内環境が劇的に変わることは少ないと思いますので、気長にコツコツと、できるところからやっていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です