苦しい節約にサヨナラ!楽チンで最大効果が出る「固定費節約」方法を紹介!

子供の口臭が気になる方必見!歯科医に聞いた原因と、効果的な対策3つ

毎日歯磨きをしていても、ふとした瞬間に子供の口臭が気になってしまうことはありますよね。
我が家でも、子供に顔を寄せた時にたま〜に におう「口臭」が気になっていました。

そこで、今回は以前私が親知らずの抜歯に行った時に歯医者さんに直接聞いた「子供の口臭が気になる原因」と、我が家で実践して効果抜群だった方法を3つご紹介します。
歯磨きを頑張っているのに口臭が改善されないことでお悩みのママ・パパは、ぜひ参考にしてくださいね。

歯医者さんに聞いた「子供の口臭が気になる原因」3つ

さて、私が歯医者さんに直接「子供の口臭が気になるのですが、原因はなんでしょうか」と相談したところ、くわしくは見てみないとわからないが、次の原因が主に考えられますと教えてもらいました。

子供の口臭が気になる、3つの原因
  1. 緊張や寝起きなどの唾液の減少による口臭
  2. 虫歯菌や磨き残しによって起こる口臭
  3. 口呼吸をしている、口内が乾燥している

1.緊張や寝起き時などの唾液の減少による口臭

子供でも大人でも、寝起きの口臭が気になることってありますよね。
実は、これは「生理的口臭」といって、緊張したときや寝起きなどに唾液が減ってしまうことでおきるものだそうです。

こちらに関しては、突き詰めると「しかたがない!」という結論になってしまいますが、口腔ケアは完璧なのに口臭が気になる方は、子供がお昼寝した後などに多いのではないでしょうか。

2.虫歯菌や磨き残しによって起こる口臭

頑張って歯磨きをさせているつもりでも、イヤイヤ期の子供や小さな子供はなかなか素直に口を開いてくれず、磨き残しが出てきてしまいますよね。

そうなると、虫歯菌の「エサ」が口内に残っているため、虫歯菌が増えて口内環境が悪化→口臭の原因となるそうです。

生理的な仕方がない口臭以外では、口腔ケア不足による口臭が多いそうですので、これに関してはしっかりと対策をして根本から改善していく必要があると言えそうですね。

3.口呼吸をしている、口内が乾燥している

小さい子供が「お口ぽかん」しているのは、よく見る光景ではないでしょうか。
我が家でも、上の子がよく何かに夢中になっていると「お口ぽかん」状態になっています……。

薄々感じてはいましたが、お口ポカン状態=口呼吸をしているということで、口内が乾燥してしまい、唾液で普段抑えられていたような菌が増えて悪さをするようです。
その悪さの結果、口臭につながるので、できるだけ子供の口呼吸には注意をしておいた方が良さそうですね。

子供の口臭対策3選!我が家で試して効果抜群な方法

子供の口臭対策として、歯磨きをしっかり実施する以外の方法で効果抜群だったものを3つご紹介します。
歯磨きを頑張っているつもりなのに、口臭をなかなか改善できない〜という方はぜひ参考にしてくださいね。

これでばっちり!子供の口臭対策
  1. キシリトールタブレットを使用する
  2. 虫歯菌を抑制する歯磨き粉の使用
  3. こまめに水分をとる

1.キシリトールタブレットを使用する

とってもお手軽、かつ子供も喜ぶ口臭対策として我が家で実践しているのが、子供用の「キシトールタブレット」を与えるというものです。

与えるタイミングとしては、

  1. 食後
  2. 歯磨きがすぐにできない時
  3. 寝る前

など、あげた方が良いと思うタイミングで1日に2〜3回与えています。

キシトールタブレット、というよりも「キシリトール」は虫歯菌が「エサ」にできないため、口内のエサを唾液でながしてキシリトールだらけにすれば虫歯菌は増えない! という考えのもとに、活用しています。簡単に言っていますが、実際にキシリトールは虫歯菌を増やさないようにするために有効です。

我が家もキシリトールタブレットのおかげで口臭が抑えられていると感じるシーンもけっこうあります。

おすすめなのは、市販で唯一キシリトール100%仕様のロッテのしまじろうのものですが、2歳以上しか使えないため、もう少し小さな子はピジョンのキシリトール90%配合タイプがおすすめです。

2.虫歯菌を抑制する歯磨き粉の使用

歯磨きはしていても、なかなか口臭抑制に結びつかないなぁ……と思っていた我が家の救世主、それが虫歯菌を抑制できる歯磨き粉です。

名称は【ブリアン】で、一般の歯磨き粉がフッ素で虫歯対策をしているのに対し、こちらは「ブリス菌」という菌の力を使って自然に口内環境そのものを改善するというものです。

最初はかなり半信半疑で、高いけど大丈夫なの……? と思っていましたが、そう思ったのが失礼なほど、使い始めてすぐに長男の口臭が劇的に改善されました。

よく口呼吸になっていて、どうしても虫歯菌が増えやすい環境だったのもあったのか、本当に「マジか」と言いたくなるほどの消臭効果!

独自にブリス菌についてオンラインで公開されている論文など調べたところ、「虫歯菌の抑制」と「プラーク(歯垢)の減少」、つまるところ、虫歯菌が減った! という有意な結果がでているみたいです。詳しくはPubMedなんかでチェックしてみてくださいね。以下のサイトでは日本語でまとねられていますが、ソースはリンク先のページ下部です。
参考 「BLIS M18」による虫歯予防の有効性?ブリス菌健康情報室

というわけで、熱く語ってしまいましたが、ブリアン本気でおすすめです。もう我が家は手放せません。

ブリアン画像歯磨き粉「ブリアン」は効果あり!半年使って実録本気レビューしてみた!

3.こまめに水分をとる

これは最も簡単、かつかなり効果的な方法です。
「お茶」や「水」を飲ませる。ただそれだけ。

非常に効果的ではありますが、先述のように生理的なものや単純な歯磨き・虫歯菌コントロール以外で口臭の原因になるのが「口内の乾燥」なので、水分で口を潤すだけでかなり口臭が減ります。

普段から口腔ケアに気をつけている方は、とりあえずお水をあげてみるだけでも改善されるかもしれませんね。

どうしても口臭が改善されない場合は歯医者さんや小児科へ

今回ご紹介したことを全部試してもだめ! 歯磨きも頑張っているのにだめ! という方は、ぜひ一度歯医者さんや小児科の先生に相談してみてください。

口臭には「口内の原因」だけではなく、「ほかの病気」が潜んでいるケースもあるようです。例えば、鼻の病気や胃の病気など。

万が一ということもありますので、おかしいと感じたら、すぐにお医者さんにみてもらってくださいね。
もしかしたら、病気以外に意外な原因があるかもしれません。

子供の口臭は努力次第で改善する!子供に合わせて試してみて

我が家の場合は長男がよく口呼吸をしてしまう、ということで口臭に悩んだ時期がありましたが、適切なケア用品に方法を選んで実践することで、いまでは寝起きなどの条件が揃わない限りは口臭がかなり無くなりました!

気になっているけど何もできずにいる、という方は、ぜひ口内環境が悪くなって取り返しがつかなくなる前に、ぜひ本記事でご紹介した対策を実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です