苦しい節約にサヨナラ!楽チンで最大効果が出る「固定費節約」方法を紹介!

【図解】乳歯の「初期虫歯」を家庭でチェックする方法と、効果的な予防対策

乳歯の初期虫歯は「大人と見た目が違う」と言われていますが、実際にどんな見た目をしているのかを知らないと、子供の歯が虫歯なのか見極めることは難しいですよね。
今回は、乳歯の初期虫歯が一般的にどんな見た目なのか、初期虫歯になってしまった後に「悪化させない」ための予防策は何があるかを解説します。

お子さんの歯が初期虫歯なのか、歯医者さんを受信する前にセルフチェックしたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

乳歯の初期虫歯、見分けるためのチェックポイント

乳歯の初期虫歯、大人のように黒っぽい見た目ではないので、おおよそどんな状態になるのかを知らないと「なんかおかしいな」と思っても見極めが難しくなってしまいます。

一般的には、次の状態が見られると、乳歯の「初期虫歯」である可能性が高いと言われています。

乳歯の初期虫歯、2つのチェックポイント

  1. 乳歯の一部は黄味がかったような色になっているか
  2. 乳歯の一部は、白くぬけたような色で斑点状、まだらになっているか

1.乳歯の一部は黄味がかったような色になっているか

大人の虫歯のイメージで行くと「黒っぽい」、「茶色っぽい」色を探してチェックしてしまいがちですが、実は乳歯の初期虫歯はイラストのように「暗めの黄色」のような色になっているケースも多くあります。

実際は子供の歯のもともとの色などにも左右される可能性はありますが、知らないと見過ごしてしまうこともあると思います。

じっくり見てみると、色の違いさえ知っていればわかると思いますので、気になっている方は今一度お子さんのお口を見てあげてくださいね。

できやすい場所は、奥歯の溝部分や歯と歯の間など、普段の歯磨きで「みがきにくい」場所ですので、まずは普段磨きづらい、磨けていないと思う奥歯まわりなどをチェックしましょう。

2.乳歯の一部は、白くぬけたような色で斑点状になっているか

こちらも、知らないとかなりわかりにくい乳歯の初期虫歯の症状です。
乳歯の一部、表面部分に白くぬけたように「斑点状」になっている場合は、虫歯である可能性があります。

イラストでは歯の色とのコントラストがわかりやすいように「水色」で表現していますが、実際には歯の色よりもかなり「白い」という印象です。

こちらも、気になった時には歯医者さんにいってみてもらいましょう。

乳歯を初期虫歯から悪化させないために!家庭でできる効果的な予防対策

乳歯を初期虫歯から悪化させない、もしくは初期虫歯にならないために、家庭でできる効果的な予防対策としては、だらだら食べをしない……などの習慣以外では、次の3つがあります。

ここでは、細かく言えばきりがありませんので、直接的な「歯のケア」として特にやってほしいことを解説します。

乳歯の虫歯予防対策

  1. 毎日の歯磨きをしっかり実施する
  2. 子供用フロスをつかう
  3. キシリトールタブレットを利用する

1.毎日の歯磨きをしっかり実施する

毎日の歯磨きをしっかりとやる! 簡単なようで、意外と小さな子供を相手にしていると難しいですよね。
イヤイヤ期の子供なら泣いて抵抗し、なかなか歯磨きの「は」の字さえ見えないという状況にもなりかねません。

ですが、泣いてもわめいても、歯磨きは非常に大切ですから、できるときにはしっかりと仕上げ磨きまでしてあげるようにしましょう。もちろん、ママが無理をしすぎると続かないので、今日はここをしっかりやる! と小さな目標を決めてやるのがおすすめです。

我が家の場合は、歯磨き粉を【ブリアン】に変えたら、今まで毎回ぐずってなかなかやらせてくれなかった子供が喜んで歯磨きをしてくれるようになりました。

市販のものと違い、「虫歯菌」を抑制する安全な成分も入っているので、歯磨き選びで迷っているならおすすめです。

2.子供用フロスをつかう

我が家でも実践していて効果的だと感じているのが、小さな乳歯の間でも使える「子供用フロス」です。
我が家では歯医者さんから購入したものを使用していますが、同じようなものが普通のネットショップでも売っているようです。

歯と歯の間はどうしてもピカピカに磨くのは難しいので、歯磨きの後に「磨き残し」がなくなるよう、フロスを実施しています。
我が家の場合はフルーツの香りつきなので、けっこう喜んでいます。

3.キシリトールタブレットを利用する

食後や歯磨き後などは、ぜひ「キシリトールタブレット」も使用してみましょう。

キシリトールってよく聞くけど、本当にきくの? と疑問に思うかもしれませんが、そもそもキシリトールがなぜ虫歯予防に良いかというと、「虫歯菌がえさにできない」からです。
虫歯菌がえさにできない=虫歯菌が生育しづらくなるということで、食後にお茶なんかを飲んで、キシリトールタブレットをなめれば、それなりに口内がキシリトール優勢になりそうですよね。

我が家ではそんな効果を狙って、寝る前や食後すぐ歯を磨けないときなどに「お守り」的に使っています。
ちなみに、我が家の歯のケアが良かったようで、今のところ息子たちは虫歯が1本もありません。

子供の乳歯、初期虫歯を見つけたらまずは歯医者さんへ。しっかり対策をしよう

子供の乳歯はやわらかく、一度虫歯になってしまうと進行が早いといわれています。
見た目も大人とは異なるため、知識ゼロで見極めることは難しいですが、ぜひ「家庭でのチェック」をこまめにして、虫歯にさせない、なってしまっても悪化しないように頑張ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です