苦しい節約にサヨナラ!楽チンで最大効果が出る「固定費節約」方法を紹介!

子育て中に無職はもったいない!働き方改革でママでもお金を稼げる

妊娠・出産をきっかけにして会社をやめ、無職になってしまった方、もしくは今から“無職”、言い方を変えれば“専業主婦”になろうかなと考えている方は、子育て中に職がないって選択肢としてどうなの? というところが気になりますよね。

今回は、子育て中に無職でいるデメリットや、無職という状態を「子育て」を両立させながら脱出する方法を、育休をきっかけとして退職し、子育てしながら独立したゴリラママの実例を交えて具体的に解説します。

子育ては楽しいけど今のままでいいのかなとお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

子育て中に無職、本当にいいの?自分の気持ちを確かめてみて

私がこの記事を届けたいのは、子育てしながら無職でいることになんとなく罪悪感や危機感、もしくは不満を感じている方です。

私自身も、出産し、仕事をせずに子育てと家事だけをやっているということが初めは楽しくてしょうがなかったのですが、子供が産まれて数ヶ月すると、なんとなく「ものたりなさ」、「将来へのお金の危機感」がつのってきました。

子供が寝ている時間、おりこうに遊んでいる時間……この「ちょっとした時間」を使って何かできないかな? と考えたのがきっかけで、今はライターとして生計を立てられています。

なんだか無職でいることにモヤモヤを感じている方は、「本当にこれでいいのかな?」と一度自分の気持ちを確かめて、もしも「状況を変えてみたい」と感じたなら、この記事を少しだけ参考にしてみてください。

子育てしながら無職でいるデメリット

子育てしながら専業主婦、無職のままでいるデメリットは次のとおりです。

  1. ストレスがたまる
  2. 自分の好きに使えるお金がない
  3. 収入を配偶者に依存してしまう
  4. 世間から取り残されたような感覚がする

1.ストレスがたまる


子育てをしていると、綺麗事は抜きにして、とても疲れることの連続だと思います。
無職=専業主婦になるということは、24時間子育てから離れられない状況で、まさに息つく暇もありません。

自分で何かしらの手段を持ってお金を稼ぐ、仕事をするという選択肢を持つことで、意外かもしれませんが育児の“息抜き”になります。

育児、家事ばかりに時間を使っていると疲れる……と感じている方ほど、少しずつ仕事をして“育児”から離れられる時間が必要です。

自分の力でなにかを成し遂げる、その対価が手に入るというのは、子育てしているだけでは得られない楽しさがあります。

2.自分の好きに使えるお金がない


高所得な旦那さんをお持ちの方なら持たない悩みかもしれませんが、自分に収入がないとなると、なんとなくお金を使う時に旦那さんに気をつかってしまい、“自由になるお金がない”と感じてしまいがちです。

無職を脱して自分で少しでも仕事をすれば、その分が「お小遣い」になります。

たとえ月に数千円でも、自由に友達とランチに行けるお金が増えたと考えると、非常に気分が楽になるものです。

3.収入を配偶者に依存してしまう


収入を配偶者に依存してしまう、これ自体が悪いとは言いませんが、場合によっては

  1. 家庭でのお金がからむ発言力の低下(旦那様とあなたの性格次第?)
  2. 配偶者が仕事をできなくなれば収入がなくなる(減る)

といったリスクがあります。

ここで、あなたも少しでも仕事をしてお金を稼いでいれば、いざというときしっかり自分の意見を言えたり、旦那さんがリストラで給料が減ってしまった、もしくは病気で働けなくなってしまったりした時も、収入を得る手段があります。

自分自身が働くことは、配偶者に「もしも」があったときの最強の保険です。

4.世間から取り残されたような感覚がする

ずっと子育てと家事をしていると、なんとなく世間から取り残されたような感覚になることはないでしょうか。

私は自分が出産後、子供の世話と家事しかしていなかった時にそういう感覚があり、焦ったことを覚えています。

無職を脱却し、仕事をしていけば、仕事を通じて「世間に必要とされている」、「認められる」という気持ちを持つことができます。

現状に不満や不安がある、空き時間を有効に使いたいと思った時が、新たなことを始めるタイミングです。

働き方を考えれば子育て中でも無職を脱出できる!ヒントは「プラットフォーム活用」

子育て中のママがいきなり仕事をする! といっても、新しいことを急に始めるには勇気が必要です。

そんな方にぜひやってみてほしいのが、自分の“好きなこと”、“できそうなこと”から在宅ワークを始めるということです。

 

今はインターネットを通じたビジネスチャンスがたくさん転がっていて、個人で「仕事をしたい人」と「仕事をやって欲しい人(お客さん)」とをつなぐプラットフォーム、平たく言えばお互いが顔を見なくてもスムーズに仕事ができる環境が整ってきていています。

 

例えば、次のようなことなら趣味としてやっている、もしくはできそうだと思う方は多いのではないでしょうか。

  1. ハンドメイドで作品を作る
  2. ブログなどのかんたんな文章を書く
  3. 日常の写真を撮ってアプリにのせる
  4. かんたんなイラストを書く など

ここではお仕事につながりやすいほんの「一例」を挙げましたが、こういった一見すぐに収入に繋がらないようなことでも、いまはプラットフォームを活用することで在宅でのお仕事にしやすくなっています。いわば、働き方改革ですね!

 

写真を撮ることが趣味なら「スナップマート」、ブログなどの文章が書けるなら「ランサーズ」や「CrowdWorks(クラウドワークス)」などのクラウドソーシング、ハンドメイド作品なら「minne」などが最大手で有名です。

イラストが描ける貴重な人材は「ココナラ」などがお仕事を見つけるのに最適です。

自分の好きなこと、できそうなことが仕事につながりそうだと感じたなら、まずはご紹介したようなプラットフォームサイトに登録して、実際にどんな仕事があるかをチェックしてみましょう。

意外と、自分でもできそう! という案件がたくさんあるはずです。

個人的にはほぼノースキル&パソコンさえあればできる「ブログ作成」がおすすめなのですが、やはり好きじゃないことは続きません。まずは自分のできること、好きなことでお金を稼げる感覚を身につけてみてください。

子育てママが無職から脱出できる!はじめやすい働き方実例3パターン

いきなり自分の趣味やできることを仕事にしろと言われてもやり方がわからない、イメージが湧かないという方もたくさんいると思いますので、ここでは実際にどんな流れで仕事をしていくのか? ということを3パターンで簡単に解説します。

今の状況を少し変えてみたい! と思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

子育て中にはじめやすい在宅ワーク実例
  1. インスタ映えする写真なら売れやすい!「写真販売」
  2. 初心者でも大丈夫!コツコツスキルアップで「ライティング」
  3. 趣味を仕事にする「ハンドメイド作家」

1.インスタ映えする写真なら売れやすい!「写真販売」


気分的には最も参入のハードルが低いのが「写真販売」だと思います。
写真販売は、具体的にいうと次のステップで始めることができます。

  1. 販売用のプラットフォーム(サイトやアプリ)に登録をする
  2. 写真をスマホやカメラで撮影する
  3. プラットフォームに投稿する
  4. 写真が売れる
  5. 販売額の一部が還元される

以上で、写真が売れたら自分の売り上げとして一部が還元されます。
どうです? とっても簡単ですよね。初心者でも登録できて、日本人比率が高いおすすめのプラットフォームは「スナップマート」です。

完璧な写真よりも、“インスタグラム”で「いいね!」がたくさんつくようなカジュアルな写真の方が売れるようですので、インスタグラマーの方はぜひ登録してみてくださいね。

2.初心者でも大丈夫!コツコツスキルアップで「ライティング」


みなさん「ライターなんてできないよ!」という方が多いのですが、実は今ライティングはとても需要があるので、初心者OKの案件が非常に多いです。

例えば、CrowdWorks(クラウドワークス)ランサーズなどは「副業」や「お小遣い稼ぎ」目的でライティングしている方もいるほど「初心者でも参加しやすい」環境で、簡単なアンケートに答えていくら、レビューしていくら、などの案件も多数あります。

しかも、こういったプラットフォームを通じてお仕事のやりとりをすることで、クライアントからの「未払い」などのトラブルもかなり減ります。
いざというときはクラウドソーシングサイトのサポートが受けられるのも、心強いですね。

クラウドソーシングで気軽にお仕事をはじめてみる方法は、次の通りです。

  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. 「お仕事を探す」などの項目から案件を検索する(まずはライティングやタスク案件がおすすめ!)
  3. 実際に仕事に応募する
  4. 当選した仕事に取り組み、提出する
  5. クライアントからのチェック、支払い

まずは登録してみて、初心者OKのお仕事ってこんなにあるんだ! ということを体験してみてくださいね。

初心者は単価が安くてもタスク案件や、しっかりとサポートが受けられる初心者OK案件から始めるのがおすすめです。最初は1文字0.3円スタートとかもざらにありますが、継続は力なり! ですね。

ステップアップしていけば、どんどん高単価の仕事も受注できるようになりますよ!

3.趣味を仕事にする「ハンドメイド作家」


ハンドメイドが趣味、という方におすすめなのが「minne」です。
ミンネは日本最大手のハンドメイド作家と、ハンドメイド作品を買いたい方をつなぐアプリ型のプラットフォームです。初心者が始めるなら、チャンスの数=お客さんの数が多いプラットフォームがおすすめですよ!

パソコンやスマホサイトもありますので、まずは自分が使いやすい形で登録してみましょう。

使い方を簡単に解説すると、次の通りです。初心者でも簡単に商品を出品できます。

  1. ミンネに登録をする
  2. 売りたい作品を作り、登録する
  3. 商品が売れたら梱包・発送をする
  4. 販売額から手数料を引いた額が手に入る

ミンネは手数料も10%ちょっととそれほど高くもなく良心的な設定だと思います。

ここでたくさん商品が売れるようになり、ファンがつけば自分のサイトで販売してもいいと思いますが、無名の頃はミンネなどの「プラットフォーム」を活用した方が、見てくれるお客さんの数は格段に多くなりますよ。

子育てしながら在宅ワークは厳しい!でも収益が上がれば「保育園」の選択肢も

無職からいきなり子育てしながらの在宅ワークときくと、厳しいイメージがあると思います。
でも、考えてみてください。仕事を始めたばかりの頃に、「スキマ時間」でやりきらないほどの仕事が舞い込むでしょうか……?

意外と最初のうちは、子供が寝ている時間や一人遊びをしている時間に少しずつ作業ができてしまいます。
また、どんどんお仕事が軌道に乗り、時間的に厳しくなったら「保育園」を視野に入れてみましょう。

保育園でメリハリをつければ子供もママも幸せになれる!

これは私の体験談ですが、実は在宅の仕事が大変になってきてからも、子供を保育園に預けることに抵抗がありました。

「せっかく在宅で仕事をしているから、子供を見ながらやるべきだろうか」とも思いましたが、仕事量が増えてくるとスケジュールが子供に振り回せて思ったようにいかなくなり、イライラしてしまうシーンが増えました。

その後、精神的にももう限界! となったところで子供を保育園に入れることになりました。

入園してしばらく経ってから、やっと、保育園では家ではできないようなダイナミックな遊びや友達同士でできる遊びなんかも取り入れながら、子供が楽しめるように工夫してくれるので、罪悪感を感じる必要なんてなかったと気がつきました。

むしろ、ゴリラママにとっては、保育園で社会性を身につけて、マナーがよくなるなどのメリットが大きかったですね。

子供はもちろん、ママと離れるのは最初こそ寂しいかもしれませんが、ママが仕事にメリハリをつけて取り組むことで、その分お迎えは「ニコニコ」でできるので、子供にとっても「笑顔の素敵なママ」でいられるようになるんです。

もちろん、いつもニコニコ! というわけにはいかないとは思いますが、仕事と子育てを「同時に」やるよりは格段に負担がすくなく、笑顔でいられる時間が増えますよ。

もしお仕事がうまくいって、大変になっても「保育園」という選択肢もある、ということを、ぜひ頭に置いておいてくださいね。

子育て中に無職から独立したゴリラママのパターン

私は出産、育児をきっかけに家庭と出勤して行う仕事の両立が厳しくなり、泣く泣く退職し、「無職」となりました。

子供を産んで1〜2ヶ月は子育てに必死で何も考えられませんでしたが、子供が大きくなり授乳間隔も落ち着いてくるにしたがって、空いている時間に「このままでいいのかな?」、「もっと空き時間を活用できないか」と考えるようになりました。

自分自身、フルタイムの正社員で働いていた過去もあり、その時の収入差と比較して、お金の不安も当時は尽きませんでした。

初心者からはじめたランサーズ。最初は1日数十円からのスタート

私の場合は、いきなりたくさんの仕事を素人が受けるのは無理だと思っていたので、まずはスキマ時間にアンケートなどでお金を稼ぐ目的で「ランサーズ」に登録しました。

はじめこそタスク案件で1日数十円をちまちまと稼いでいましたが、徐々に「もっと効率良く稼げないか」と考え、ブログも書いたことのない初心者ながら「ライティング」に興味を持ちました。

素人からはじめたライターの世界。需要があるのでどんどん単価アップへ

はじめは、1記事500文字ぐらいで100円……なんていう非常に単価が安く、初心者OKの案件から受けていきました。

マニュアルが用意されているものもあったので、そういった低単価の案件を少しずつこなしていくうちに、WEBライティングの基礎が身につきました。

時には夜子供が眠ってから仕事をすることもありましたが、少しでも「自分がやったこと」がお金になるというのが楽しくて、どんどん新しい案件に挑戦しました。始めてから2〜3ヶ月で、たしか「認定ランサー」になったと記憶しています。

依頼さえ受けてしまえば、多くのクライアントはしっかりとフィードバックしてどこが悪いのか、どうして欲しいのかを教えてくれながら仕事を進められるので、安心して取り組むことができました。

いまではどんどんスキルアップして新しい案件にも挑戦し、「イノーバ」や「@SOHO」などでも仕事を受けるようになり、収入も正社員として働いているレベルまで上げることができました。

ここまで1年以上はかかりましたが、自分の頑張り次第で「ゼロ」から「正社員以上」のレベルまで収入が挙げられる、それが在宅ワークだと思います。

みなさんが思っているより、今は「自宅で稼ぐ」というハードルがめちゃくちゃ下がっている時代です。

興味はあるけど踏ん切りがつかない……といった方は、ご相談いただければ気になることを記事にまとめたり、メールでお返事したりもできるので、ぜひ私を使ってくださいね。

無職でいるなんてもったいない!あなたの気持ちやスキルを活かして働こう

子育てをきっかけに専業主婦になろうかな、もしくは今なっているというママは、ぜひスキマ時間に「在宅ワーク」に取り組んでみてください。やってみると楽しいですし、自分の世界がもっと広がります!

ゴリラママ

子育てにプラスしてやるなんて無理! と感じるかもしれませんが、意外とお仕事をやったほうが「息抜き」になって気分が良くなることもあります。

無職になってしまいモヤモヤしている方、今後どうしようか迷っている方はぜひ、まずは各プラットフォームへ登録してみることから始めてみましょう。
何かあればご相談にも乗りますので、インスタやツイッター、もしくはお問い合わせフォームからどうぞ!

↓↓各プラットフォームへの無料登録はこちら!登録してお仕事をチェックしてみるだけでも参考になりますよ!↓↓


クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)


資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」

ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

得意を生かして好きな時間に副業できる【ココナラ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です