苦しい節約にサヨナラ!楽チンで最大効果が出る「固定費節約」方法を紹介!

素人が確定申告するなら会計ソフトはfreee一択!2年使ってメリット・デメリット解説

確定申告の時期が近づいてまいりました!どうも、ゴリラママです。
先日、駆け出しライターの方にお会いしたところ、「確定申告の方法がわからない」とご相談を受けました。
そうですよね。始めたばかりだと、そこが気になるところだと思います。

というわけで、今回は在宅ワークで頑張っているママが確定申告を究極にズボラに済ませられる会計ソフト「freee」をご紹介しちゃいます!
ゴリラママも登録して2年以上経ちますが、本当に使いやすく助かっています。

  1. 確定申告って難しそう
  2. 会計の勉強をしたくない
  3. とにかく簡単に確定申告を済ませたい
こんな方にオススメの内容です。興味のある方はどうぞ!

素人が確定申告するなら、会計ソフトはfreee一択!実際に2年使って使い心地は最高!

いまだに会計ど素人なゴリラママですが、こんなズボラ会計でもなんとかなってしまう、それが会計ソフト「freee」の魅力です。
実際に2年間使ってみて、口座は自動で同期してくれるし、簡単な毎月発生する仕分けなら推測してくれるし、質問に答えていくだけで確定申告できちゃうし……で、本当に手間いらずな優秀ソフトなんです。

しかも、料金設定は年間9,800円〜と、クラウド会計ソフトでは一般的な水準。一般よりも高くしていないことに驚きです。

いや、それ盛っているでしょ? と思われても仕方がない表現ですよね。私もそう思います。でも、悪いことは言わない。使ってみればわかる。

ゴリラママ

今なら無料で30日間お試しできますので、まずはどんなものか実際に試してみるのがおすすめです。百聞は一見にしかず!

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」を試してみる

素人が確定申告に会計freeeを使うべき5つのメリット

素人がクラウド会計ソフト「freee」を使うべきメリットは、次の通りです。

クラウド会計ソフトfreeeの魅力
  1. 専門的な知識は一切不要!直感的操作で誰でも確定申告ができる
  2. とにかく帳簿付けがラク!口座やクレカも同期してくれる
  3. クラウド型なので法律が変わっても安心!
  4. メール/チャットサポートで気軽に相談できる
  5. スマホから帳簿付けラクラク!

順に見ていきましょう!

メリット1.専門的な知識は一切不要!直感的操作で誰でも確定申告ができる

個人的にこれがいちばんのメリットだと思っていますが、freeeは確定申告や帳簿に関する予備知識は「一切不要」なんです。

ゴリラママ

強いて言えば、どれが経費になるのかな〜くらいは知っておいたほうがいいですが、会計の知識は本当にいりません。

ゴリラママも全く勉強せずに使っていますが、サクサク使えています。

メリット2.とにかく帳簿付けがラク!口座やクレカも同期してくれる

口座情報やクレジットカードの情報を手で入力するのってとても面倒ですよね。
freeeなら、帳簿付けの手間がぐっと少なくなります。
登録さえしておけば、自動でクレジットカードや口座の情報を同期してくれます。

しかも、帳簿の仕分けまで推測する機能付きですから、手動登録や一部の取引を除いて、やることといえば「プライベートなお金」か「経費として登録する」かを選択するだけ。簡単すぎます!

メリット3.クラウド型なので法律が変わっても安心!

クラウド型会計ソフトである「freee」は、法改正が行われれば順次対応していってくれるので、追加でインストールしたり新しいバージョンを購入したりする手間がありません。

使っているソフト=常に最新ですから、安心していられます。

メリット4.メール/チャットサポートで気軽に相談できる

私が利用しているプラン「スタータープラン」は、サポートがチャット、もしくはメールで受けられます。

電話でのサポートはついていないものの、チャットならレスポンスも早く(数分以内)全く不便を感じません。むしろ、電話は気が重いという方でも気軽に使えるのが魅力だと思います。

ゴリラママ

はっきりいって、聞くこともそれほどないくらいに簡単な操作なんですけどね。ちょっとした疑問がでてきた時にはお世話になっています。

メリット5.スマホから帳簿付けラクラク!

今時はスマホを使って帳簿したい方も多いはず。もちろん、freeeもスマホアプリに対応しています。
直感的な操作でその場ですぐに取引を登録できますので、出先でサクッと済ませたい方、隙間時間に操作したい方にもぴったりです。

↓時間と税理士代を節約できる会計ソフト、freeeへの無料登録はこちら↓
無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」を試してみる

会計ソフト「freee」は他社とどう違う?差別ポイントはこれ!

ここでは、会計ソフト「freee」は他社(やよい会計やMFクラウドなど)とどう違うかをポイントとしてまとめてみました。

会計ソフトfreeeの他者との差別ポイント
  1. シェアNo.1!サービスが急になくなるリスクも低い
  2. 会計知識が一切不要、使いやすさにこだわった仕様

1.シェアNo.1!サービスが急になくなるリスクも低い

会計ソフトfreeeは、クラウド会計ソフトの中ではシェアNo.1。実に44%もの方が利用しているソフトです。

もちろん、知名度も抜群で、これだけのユーザー数がいるのですから、いきなり「サービス終了」となってユーザーをがっかりさせる可能性も低いでしょう。

ゴリラママ

人気がある=絶対にいいとは言いません。ですが、実際に使ってみて、人気があるにはそれなりの理由があると感じています。

2.会計知識が一切不要

freeeは、初心者でも簡単に確定申告・帳簿付けができるというコンセプトの会計ソフトです。
そのため、会計知識が一切不要。全く知識がなくても、質問に答えていくだけで簡単に確定申告ができてしまいます。

やよい会計やMFクラウドは、帳簿などのインターフェイスがやや「会計知識がある方向け」の見た目になっていますので、初心者はややハードルが高く感じるかもしれません。
とにかくど素人! でも確定申告がしたい! という方は、まず「freee」を使っておけば間違い無いでしょう。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」を試してみる

確定申告にfreeeを使うデメリットはある?

確定申告にfreeeを利用するデメリットは、「簿記の知識があるとやや違和感がある」ところですね。
私自身は簿記の知識が全くないので問題はないのですが、中には簿記の知識があるとかえって使いにくいと感じる方もいるようです。

ゴリラママ

逆に言えば、freeeは会計知識がない、全くの素人さんにこそ使ってみて欲しいソフトですね。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」を試してみる

素人が確定申告する際によく出る疑問Q&A

ここでは、素人がいきなり確定申告をしようと思った時につまずきやすい疑問点をピックアップしてみました。
それぞれについて、簡単に説明していきますね。

  1. 事業主貸とか、事業主借とかがよくわからないのですが?
  2. 勘定科目ってなに?
  3. 青色確定申告と白色確定申告の違いは?
  4. なんで確定申告しなくちゃいけないの?

事業主貸とか、事業主借とかがよくわからないのですが?

事業主貸→売上金を私生活資金として利用した時に使う項目
事業主借→プライベート資金を事業に利用した時に使う項目

ざっくりとまとめると以上です。ですが、freeeならこの知識がなくても、分かりやすい選択項目から選んでいけば大丈夫です(説明がついています)。その都度疑問点はサポートやヘルプに問い合わせてみましょう。

勘定科目ってなに?

勘定科目とは、資金用途のグループのことです。旅費交通費、会議費、取材費などの仕分けを行います。
freeeでは、こちらもスタンダードで登録している科目が多いため、ぴったりくる項目を選ぶだけです。

もちろん、項目をカスタマイズして追加することも簡単にできます。ゴリラママの場合は、取材の材料費用を「取材費」として振り分けしています。

青色確定申告と白色確定申告の違いは?

控除が受けられる金額(青色は65万円多く控除)と、赤字をくりこせるか(青色申告のみ)、という部分が違います。
帳簿はどちらもつけなくてはいけないので、ゴリラママとしては控除額の大きい「青色確定申告」が絶対におすすめです。
開業届け、青色確定申告しますよという届け出が必要ですが、こちらは「開業freee」で簡単・無料でできるので、ぜひ活用してください。

なんで確定申告しなくちゃいけないの?

確定申告をすると、行政に正確な売上を知ってもらえます。納税は義務ですから、所得が多いのに確定申告をしないと「脱税」扱いされてしまう可能性があります。
また、確定申告の大きなメリットとして、税金が還ってくることもあるため、確実にこなしておきたいところですね。

特にライターの方は10%の源泉徴収をされているケースが多いですが、経費を引いた所得が195万円以下の方は所得税が5%還付されます。損しないためにもぜひやっておきましょう!

素人でも青色申告で節税できる!会計ソフト「freee」で楽しちゃおう

会計ソフト「freee」は、素人でも青色確定申告が簡単にできてしまう画期的なツールです。

ゴリラママ

ど素人でズボラなゴリラママでも簡単に確定申告書類が作成できましたので、これから確定申告してみよう! という方は、ぜひ無料登録でお試ししてみてくださいね。

今期からしっかり確定申告をして、駆け出しライターの方は還付を狙っちゃいましょう!

↓時間と税理士代を節約できる会計ソフト、freeeへの無料登録はこちら↓
無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」を試してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です