苦しい節約にサヨナラ!楽チンで最大効果が出る「固定費節約」方法を紹介!

子供にお金はいくらかかる!?未就学児〜大学生までチェック!

子供にかかるお金がトータルでいくらかかかるか、という悩みは、子供を育てているママにはついてまわるもの。

実際に平均でどのくらいお金がかかるのかを把握しておくだけでも、心構えが変わります。
そこで今回は、子供にかかるお金が0歳〜22歳までの総額でいくらなのか、世代別にみてみるといつ、いくら程度かかっているのかを見ていきましょう。

子供にかかるお金はトータルでいくら?

かなり古いデータになりますが、AIU 保険会社『現代子育て経済考』2005 年度版によると、出産から子供が22歳になるまでの基本的な「養育費」は1,640万円と言われています。

ゴリラママ

22年間で平均すると1年あたり約75万円ですね。

また、学費は、幼稚園から大学までオール国公立なら約760万円、オール私立ならなんと約2,300万円以上もかかります。

合計すると、以下の通りです。

0歳から22歳までの養育費・学費
・オール国公立……約2,400万円
・オール私立……約3,940万円

これだけのお金がかかってくるのは非常に驚きますよね。家が1軒買えてしまいます。

ただし、実際には22年間かけて必要となる金額ですから、コツコツと学資保険や貯蓄で備えれば絶対に払えない金額ではありません。

実際に、幼少期〜大学までの養育費・教育費がどうなっていくのかも、みていきましょう。



未就学児の子供にお金はいくらかかる?

内閣府政策統括官「インターネットによる子育て費用に関する調査」のデータをもとにすると、未就学児1人あたりの年間子育て費用は約104万円。

・未就学児の子育て費用……104万円/年

3歳未満の場合は児童手当月額15,000円、小学校に上がるまでには3歳以上でも第1子、第2子は月額1万円もらえます。

実際の負担は100万円を切るくらいが平均になるでしょう。

ちなみに、保育園や幼稚園に行っている子では平均約122万円未就園児は平均約84万円のお金がかかっています。

月々にして10万円。もちろん家庭によって金額は異なりますが、意外と多くて驚いた方も少なくないと思います。

ゴリラママ

あくまで平均ですから、これよりも少なくても普通だと思いますよ。実際に、我が家では保育園に通っている子どもでも、月々10万円もかかっていません。

小学生の子供にお金はいくらかかる?

小学校に通っている子どもには「教育費」としていくらかかるのか気になりますよね。

文部科学省平成28年度子供の学習費調査によると、公立小学校、私立小学校における年間の学費総額は次の通りです。

小学校の年間学費総額

・公立小学校……322,310円/年
・私立小学校……1,528,237円/年

これに、養育費が仮に一人75万円かかると考えると、一人当たり実際にかかってくるのは107万円〜227万円といったところでしょうか。

ゴリラママ

子ども一人にずいぶんお金がかかってくる印象ですよね。

ちなみに、養育費には将来のための貯蓄や学資保険なども含んでいますので、実際に「費用としてかかってくる金額」だけではないことに注意が必要です。

食費や衣服だけで、そこまでかかることは考えにくいですからね。



中学生の子供にお金はいくらかかる?

次に、中学生の子供1人あたり、1年間にお金がいくらかかるかを見ていきましょう。

こちらも、文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」を参考にしますと、次の通りです。

中学校の年間学費総額

・公立中学校……478,554円/年
・私立中学校……1,326,933円/年

私立中学校に入ると、公立中学校の3倍近い学習費がかかっているのですね。

1ヶ月あたり10万円以上も子供の学費にかかってしまうのは、痛い出費です。

ちなみに、養育費を1年あたり75万円と仮定すると、子供にかかるお金は1年間の合計で122〜207万円です。

とはいえ、多くの家庭が公立中学校に入れるケースが多いですよね。
よって、「学習費」には部活動や塾などを含んでいるので、抑えることは十分可能。

ゴリラママ

中学の学費については、私立や高額の塾に入れることがない限りはそれほど心配しなくてもいいでしょう。

養育費も、身の丈に合った生活を心がけていればそこまで家計を圧迫しないはずです。

高校生の子供にお金はいくらかかる?

ここでは、高校生の子供にお金がいくらかかるのかを見ていきましょう。

「文部科学省平成28年度子供の学習費調査」を参考に、高校の学費(全日制)もみていきますと、公立、私立それぞれの学習費(学費)の平均は次の通りです。

高校の年間学費総額

・公立高校……450,082円/年
・私立高校……1,040,168円/年

こちらに、養育費75万円(あくまで平均です)を加えると、1年間にかかる子供のお金は120〜176万円。

ゴリラママ

意外なことに、中学校よりも高校の方が合計額は少なくなりますね。

あくまで平均ですから、「目安」としてとらえてください。

高校の場合は、私立ですと入学費が最初にかかってくるためまとまったお金が必要になります。

ですが、大学と異なり「入学金だけ」がまとめてかかるだけですので、コツコツと貯蓄しておけば事足りるでしょう。

東京都生活文化局「平成29年度都内私立高等学校(全日制)の学費の状況」によると、私立高校の入学金は平均25万26円。

30万円〜50万円くらいを学費として用意しておけば、まとめてかかるお金には対処できると思いますよ。



大学生の子供にお金はいくらかかる?

では、最後に大学生の子供にお金がいくらかかるのかを見ていきましょう。

国立大学WEBサイトや、文部科学省「平成30年度学生納付金調査結果」、「私立大学等の平成28年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」、を参考にしますと、国公立大学、私立大学の4年間トータルの学費平均は以下の通りです。

大学4年間の学費平均
・国公立大学……2,445,857円
・私立大学……4,506,881円

ゴリラママ

これだけ見るとずいぶん大きな金額ですよね。

では、データをもとに1年ごとにかかる学費を見てみましょう。

大学1年間の授業料+施設整備費平均
・国公立大学……約54万円/年
・私立大学……約106万円/年

こちらに養育費の年間平均75万円を加えると、大学生の子供にかかるお金(養育費+学費)は、1年間で次のようになってきます。

大学生の子供1人あたりにかかるお金(年間)

・国公立大学の場合……約129万円/年
・私立大学の場合……約181万円/年

学部や学校により、私立の大学は金額が大幅に変わりますので、子供が私立を志望している場合は、具体的な大学名で調べてみることをおすすめします。

ゴリラママ

ところで、一見大学生でも学費はそんなに変わらないように感じませんか?

ですが、1年間、もしくは半年分の学費に加えて、入学費を「一度に用意」しなくてはいけないのが大学の学費です。

そのため、教育資金は大学を目指して貯める、という方が多いですね。

入学金と半年〜1年間の授業料は、最低でも入学までに準備しておく必要があります。となると、130万円〜200万円くらいはみておいた方がいいでしょう。

いきなりそんなに貯められないと不安になるかもしれませんね。我が家もそうでした。

ですが、家計をしっかり見直してこつこつ準備すれば、実現可能な数字です。
家計見直しは固定費から。

ゴリラママ

お子さんがいるご家庭でしたら、まずは保険や通信費を含めた固定費から家計改善をしましょう。

保険と家計を見直したい時のおすすめサービスは、複数社からベストな保険を選択できる保険見直しラボ

プロのFPさんに、保険相談を通じて家計相談までできちゃいます。まよったら、まずはここのような「ベテランFPさんに相談できるところ」を選ぶのがいいですね。

子供のためにお金を準備する王道の方法2つ!

子供にお金がトータルでいくらかかるのか、また、0歳〜22歳までのそれぞれの期間でどのくらいかかっているのかが分かったところで、実際にどんなお金の貯め方がおすすめなのかをご紹介します。

お金を貯めるのに裏技はありません。

投資信託もおすすめですが、まずは堅実に貯めるところからスタート! という場合は、次の2つの方法がおすすめです。

1.貯金

まずは王道の、現金ベースでの貯金です。
今全く家計に余裕がない場合は、まずはスマホ料金、保険代などの固定費の見直しをして、少しずつ貯金をする習慣をつけましょう。

我が家も以前は「あるだけ使ってしまう」家計でしたが、保険見直しを通じた固定費の削減を行ってからは、しっかり「家計」や「貯金」と向き合えるようになりました。

今では、保険見直しをした当時よりも、将来のために毎月10万円多く貯金する習慣が身についています。

ゴリラママ

ただし、頑張れば貯められるはずなのに貯め体質になりきれない方には、貯金は使ってしまうリスクがあるためおすすめしません。

そういう方は、2つ目の方法と現金での貯金を「組み合わせ」て教育資金を貯めるのがいいでしょう。

2.学資保険

学資保険は、教育のためのお金を貯める意思が弱く自分ではなかなか貯められない方現金で銀行に預けているよりもマシな利率でお金を準備したい方におすすめの方法です。

メリットは「強制的に貯蓄できる、親権者に万が一のことがあっても資金準備ができる」こと、デメリットは「途中解約すると損をする」ことです。

ゴリラママ

我が家でも学資保険をベースとして、現金での貯金や積立投信などで教育資金を準備しています。

途中解約のリスクを考えると、頑張って全てのお金を学資保険で貯めるのはおすすめしませんが、これだけは貯金できるはず! という額をきめてやるのであれば、教育資金準備にぴったりです。



子供にかかるお金は「学費次第」!家計改善して将来に備えよう

ゴリラママ

さいごに、おさらいをしてみましょう。

子供を育てるのにかかるお金は、0歳〜22歳の「養育費」、「学費」を合わせると、平均して次の通りです。

0歳から22歳までの養育費・学費
・オール国公立……約2,400万円
・オール私立……約3,940万円

一見とても大きな数字に見えますが、実際にまとまったお金が必要になるのは多くの家庭で「大学進学時」です。

大学進学時には、初年度に130万円〜200万円程度のまとまったお金が必要になるケースが多くあります。

将来の子供のためのお金をそなえるためには、「貯金」と「学資保険」といった方法がおすすめ。

ゴリラママ

どちらの方法も、まずは「家計が安定していること」が必要です。

家計改善は固定費から。まずは学資保険の相談や家計改善も兼ねて、保険見直しラボなどで「保険を通じた家計見直し」をしてみるのがおすすめです。

しっかりと「貯め体質」になれる家計にして、子供の将来のために備えていきましょう!

保険・家計見直しの相談予約はこちらから→保険見直しラボに相談予約をする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です