苦しい節約にサヨナラ!楽チンで最大効果が出る「固定費節約」方法を紹介!

子育て費用は月々いくら必要?知らないと家計が破綻する危険性も?

これから子供を産む方、子供がすでにいる方は、実際に「子育て費用」が月々いくらかかるのか知っておきたいところですよね。

月々の費用さえ分かっていれば、ある程度家計と心の備えはできるはず。
というわけで、今回は「まだお子さんが生まれていない家庭」「子供が小さい家庭」に役立つ情報、未就学児〜中学生までの月々の子育て費用について解説します。

高校からは私立・公立選択で大きく変わってしまうので一概に平均値が出せませんので、まずは「中学生までにいくらかかるのか」を知っておきましょう。



子育てに月々かかる費用は!?未就学児〜中学生の月々の平均額を知っておこう!


子育てにかかる費用は、大きく分けると「養育費」+「生活費」で計算できます。

内閣府政策統括官「インターネットによる子育て費用に関する調査」のデータをもとに計算してみると、未就学児から中学生までに、子供1人あたりに月々かかる平均額は次のようになりました。

未就学児〜中学生までにかかる月々の平均額……約10万円

当然、子供が大きくなればなるほどトータルの「子育て費用」は大きくなります。ですが、毎月10万円をきちんと準備できていれば、中学生までは困らないということが分かりますね。意外と多くて驚いた方もいるのではないでしょうか。

ゴリラママ

ここで出したデータはあくまで「平均」ですから、実際にはもっと少ない方もたくさんいます。参考程度にしてくださいね!

次に、「未就学児」、「小学生」、「中学生」それぞれの段階での子育て費は月々いくらなのか、それぞれ見てみましょう。

未就学児の子育て費用は月々いくら?内訳もグラフで公開


未就学児の子育て費用について、「未就園児」と「保育所・幼稚園児」を平均してみました。

・年間……約103万円
・月々……8.6万円

未就学児といっても、月々にかかってくるお金はしっかりあります。
内訳をグラフで見てみましょう。


グラフを見てみると、最も多いのは「子供のための保険・預貯金」ですね。
月々に直すと、約20%の1.7万円程度を保険・預貯金にまわしている家庭が多いようです。

多額の資産がある家庭なら保険は不要ですが、そうでない家庭がほとんどです。
現金ベースでの預金は、万が一働いているパパ、ママが亡くなったり病気になってしまえばそれ以上貯めるのは難しくなります。

いざという時の「そなえ」という意味で、「学資保険」という形で保険に加入する家庭が多いと予想できますね。

小学生の子育て費用は月々いくら?内訳もグラフで公開


小学生の子育て費用は、内閣府政策統括官のデータによると、以下のようになっています。

・年間……約115万円
・月々……約9.6万円

さらに、かかっているお金の内訳も見てみましょう。

最も多いのは食費! やはり、小学生ともなると食べ盛りのお子さんが増えてくるようですね。

ついでレジャー・旅行費、子供のための保険・預貯金となっています。
割合としては下がっていますが、金額ベースで見ると「子供のための保険・預貯金」は約1.4万円。それほど大きく下がってはいませんね。

子育て額が大きくなってきて現金ベースの貯蓄は難しくても、保険を支払い続けているイメージでしょうか。

中学生の子育て費用は月々いくら?内訳もグラフで公開


ついで、同データで中学生の子育て費用も見てみましょう。

・年間……約156万円
・月々……約13万円

ついに10万円の大台を突破してしまいました。中学生ともなると、習い事費用がかさんでいそうですよね。
実際にグラフで内訳を確認してみると……。

食費についで多いのは学校教育費。中学生となると部活動があるため、その費用も含んでいます。
さらに、学校外教育費、子供のための保険・預貯金と続きます。
中学生になると、平均で約2万円の学校外教育費(塾や習い事)がかかっているようですね。

この年代でも、貯金や保険での蓄えは欠かさないご家庭が多いようです。金額ベースでは約1.5万円。小学生とそれほど変わりません。

どの年代も共通しているのは「貯蓄・保険」の割合の高さ


どの年代も共通して大きな割合を占めているのが「子供のための保険・貯蓄」です。
高校・大学進学という大きな節目のために、小さな頃からコツコツと貯めているご家庭が多いようですね。

ゴリラママ

ゴリラママの意見としては、現金で銀行に貯蓄しているよりも、返戻率が高めの「学資保険」をうまく利用する方がおすすめです。
理由は、たとえ返戻率がそれほど良くなくても、いざという時の文字通り「保険」になるからです。

子育て費用を考える機会に、ぜひ子供のための将来の費用についても考えてみてくださいね。

月々に支払う子育て費用が不安なら、家計を見直してみるのもおすすめ


月々に支払う子育て費用、未就学児から中学生編、いかがでしたか?
月々に支払う子育て費用が足りない、不安だというご家庭も当然ありますよね。

ゴリラママ

ゴリラママの家庭も、以前は子育てにお金がかかりすぎて大変だ、不安だと感じていました。
ですが、FPさんに相談して家計とライフプランの見直しをすることで、今ではお金の不安はほぼ解消されました。
現状を変えたい、不安だという方は、ぜひ学資保険を含めた保険や家計の相談をプロにしてみましょう。

例えば、顧客満足度が非常に高くおすすめの保険見直しラボといった、保険に詳しいFPさんに無料相談ができるサービスもあります。
今のままでは何も変えられませんが、しっかり将来に向けて家計改善していけば、不安もかなり減らせます。

固定費削減や、しっかりと将来を見据えた保険を用意することが大切です。

家計・保険相談は勧誘が心配という方も大丈夫。嫌なら断っても、しつこい勧誘はありません。

ゴリラママも、実際に相談した上で医療保険が1万円も安くなりました。ぜひ、みなさまもトライしてみましょう!

⇨今すぐプロのFPに保険・家計相談をする



↓高校・大学の学費がいくらかかるか知りたい方向けの記事はこちら↓
高校の学費は月々いくら必要?しっかり備えるための方法も解説! 大学の学費を比較してみた!国立・公立と私立で4年間の「平均費用」はいくら違う?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です