苦しい節約にサヨナラ!楽チンで最大効果が出る「固定費節約」方法を紹介!

毎月勤労統計の「不適切調査」問題とは?過少支給者にはちゃんと支払いされる?

ニュースで「毎月勤労統計問題」について連日話題となっていますね。

とても重要な「お金のお話」ということはわかっても、専門用語が多すぎて何だかわかりにくいと感じた方も多いはず。

ゴリラママ

というわけで、今回はゴリラなりに噛み砕いて、毎月勤労統計の概要から今回の問題点、どんな社会保険に影響があるのか、追加支払いはあるのかなどを簡単にお話しします。

毎月勤労統計問題って何? なにがいけないの〜! 被害者はどうすればいいの? という疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも、毎月勤労統計とは?


そもそも、問題のもとになる「毎月勤労統計」とは、雇われている人の「賃金(お給料)」「労働時間(どのくらい働いているか)」がどのくらいかを、政府が知るために実施している調査のこと。

調査を行なっているのは厚生労働省です。

ゴリラママ

これを「毎月」行なっているので、統計の名前が「毎月勤労統計調査」となっています。

毎月勤労統計問題はいつから?「不適切な調査」はなにがいけない?


勤労統計問題は、平成16年以降の調査に問題があるようです。いつからなのか調べてみたら、こんなに昔からなのですね。

今回問題になっているのは、次の2点です。

毎月勤労統計問題はなぜイケナイの?

  1. 調査していた事業所の範囲が、決められている調査範囲よりも少なかった
  2. 調査範囲が間違っていたので、支給されるべき「雇用保険」の金額が少なく計算されていた

問題1.調査していた事業所の数が、決められている調査範囲よりも少なかった

この調査では、本来は「従業員が500人以上」の会社は「すべて」調査することになっていました。

ですが、実際には東京都内の大きな事業所に関して、およそ「3分の1」しか調査していないことがわかりました。

すると、どうなるか?

東京都内の会社は給与水準が他の県に比べて高いです。

そんなデータがきちんととられていなければ、自然と、統計結果の「給与水準」=「みんながどのくらいお給料をもらっているかの基準」が低く見積もられてしまいますよね。

統計結果がずれると言ってもいいでしょう。

ゴリラママ

正確さが求められる調査なはずなのに、本来の仕事ができていなかった。大問題ですよね。

今後は政府の調査は信用できない! という方がでてきてもおかしくありません。

問題2.調査範囲が間違っていたので、支給されるべき「社会保険」の金額が少なく計算されていた

調査範囲が間違っていて、実際よりもみんなが低いお給料しかもらっていない! という結果になると、「社会保険」の支給額も本来もらえる金額よりも下がってしまいます。

なぜなら、雇用保険の支給額の基準が、この「毎月勤労統計」だったからです。

どうでしょう? だんだんと、かなりいけない問題だったと分かってきますよね。

ゴリラママ

本来もらえるはずのお金がもらえなかったひとがいる。保険料はしっかり納めていたのに関わらず、です。

では、いつごろからのどんな支給に影響があるのか気になりますよね。
次の章で順に見ていきましょう。

毎月勤労統計をもとに計算されている社会保険、助成金などの種類は?





毎月勤労統計をもとに計算されている社会保険や助成金などの種類は、次の通りです。

ゴリラママ

これらの保険料、給付金の支給を「平成16年以降」にもらったことがある方は、損をしている可能性があります。
雇用保険……失業保険の支給や育児休業、介護休業の給付金

労災保険……仕事が原因でけがをした、病気になった時のための保険支給

船員保険……労災保険の船員バージョン

雇用調整助成金……企業が従業員を解雇せずに、経営状況の悪化などで一時休業する際に支払われる助成金

毎月勤労統計問題、過少支給者に救済はある?追加の支払いがされる可能性あり

毎月勤労統計問題で、本来よりも保険や給付金の支給が少なかったかも! という方も多いはず。

育児休業給付金をもらっている子育て世代にも、対象となる方は多そうですよね。

気になる「救済措置」ですが、厚生労働省によりますと、「住所がわかる範囲」
の個人や事業所
に対しては「追加給付があるよ」という手紙を送ってくるとのこと。

ただし、半数にあたる1,000万人もの住所データが残っていないそうですので、お手紙だけの対応では全ての人に支給がいきわたるのは厳しそうです。

平成16年以降に社会保険や助成金の支給を受けた方、心当たりのある方は電話相談を


平成16年以降に、対象となる社会保険や助成金の支給を受けた心当たりがある、という方は、厚生労働省が用意している「相談窓口」に電話をかけてみましょう。

電話番号は、NHK「厚労省不適切調査 追加支給の可能性がある人は」から引用すると、次の通りです。

電話番号はいずれもフリーダイヤルで、
▽雇用保険と雇用調整助成金が0120ー952-807、
▽労災保険が0120ー952-824、
▽船員保険が0120-843ー547か0120ー830ー008です。

受付時間は、平日が午前8時半から午後8時まで、12日から今月14日までは午前8時半から午後5時15分までです。

ゴリラママ

とにかく早く問題が改善され、支給漏れがあった方にお金がいきわたるといいですね。
参考 毎月勤労統計調査に係る雇用保険、労災保険等の追加給付について厚生労働省



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です