苦しい節約にサヨナラ!楽チンで最大効果が出る「固定費節約」方法を紹介!

【対処法】ワードプレス5.0更新で使いづらい・分からないならエディターを戻そう

ワードプレスの大型アップデートが行われた先日、何も知らずに更新してしまった方も多いはず。いざ記事を執筆しようとすると、エディターが全く違う表示に! 困ったぞ! という方は、記事の編集エディターを元にもどしてみましょう。
ここでは、プラグインを使って編集エディターを旧モードにする簡単対処法を解説します。

ワードプレス5.0のエディターを旧エディターに戻す方法

ワードプレス5.0のエディターを旧エディターにするには、「Classic Editor」プラグインをインストール&有効化するだけです。
とっても簡単ですよね。

やり方は次の通りです。

  • STEP.1
    プラグインの「新規追加」を選択
    プラグイン→新規追加を選択します。
  • STEP.2
    検索画面でClassic Editorを検索

    プラグインの検索画面でClassic Editorを検索!
  • STEP.3
    Classic Editorを今すぐインストール&有効化

    Classic Editorをインストールし、画像の「更新済しました」の位置に表示されている「有効化」ボタンを押します。
  • STEP.4
    完了!今までのエディターで記事が書ける!

    これだけで完了です!今までと同じエディタで記事を書きましょう。

ワードプレス5.0にアップデートすると、エディターがGutenbergというものになってしまいます。

初めてみた方はかなり使いづらさを感じてしまう可能性が高く、今までとは全く仕様が異なりますので、どうしても我慢ができない場合は、サクっと旧エディターに戻しちゃいましょう!

安易にワードプレスをアップデートするのは危険!よくレビューを確認して

更新されたんだ〜という感覚でよく調べずにワードプレスを更新してしまうと、今回のような“使いづらさ”が出てきてしまうケースもあります。
トラブルを防ぐために、更新する前にまずはどんな内容のアップデートなのか、使用感やテーマに影響はないかをチェックするように注意しましょうね。

ゴリラママもなんとなくでアップデートしてかなり焦りましたので、ゴリラの勢いで更新するのはやめようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です