苦しい節約にサヨナラ!楽チンで最大効果が出る「固定費節約」方法を紹介!

幼稚園の費用はいくらかかる?無償化になると完全に無料なの?

幼稚園の費用は、2019年の10月に授業料が無償化になります。ですが、それまでは費用がかかってくるほか、保育・授業料以外の部分は引き続きかかってくるようですね。

完全に無料だと思っていたパパ、ママにはショックな情報かもしれません。

今回は、幼稚園の費用について、年間、月間でどれくらいかかるのかを解説します。
無償化後は月々どれくらいかかるのかも予測していますので、これから幼稚園にお子さんが入る方、ぜひ参考にしてください!

幼稚園の費用はいくらかかる?公立、私立それぞれ調べてみた

幼稚園の学習費用総額は、文部科学省の平成28年子供の学習費調査によると、以下の通りです。

幼稚園の1年間平均費用
・公立幼稚園……233,947円
・私立幼稚園……482,392円

月々になおしてみると、次の通りですね。

幼稚園に月々かかる費用
・公立幼稚園……約2万円/月
・私立幼稚園……約4万円/月

公立保育園と私立保育園、その差は2倍もあります。

ゴリラママ

園によってはさらに私立幼稚園は高額になることもあるので、少し痛い出費ですよね。

幼稚園の費用内訳を解説!公立、私立それぞれ調べてみた

幼児教育無償化の対象になるのは、保育園でいうと「保育料」、幼稚園でいうと「授業料」の部分のみ。しかも、月々25,700円までが上限です。

ゴリラママ

バス代や教材費、給食費などは無料にならないんですよね。

となると、実際の内訳が気になるところです。

幼稚園の費用、学校外学習費と給食費を除いた「学校教育費」の支出構成は、年間で次の通りです。

年間の幼稚園教育費

区分 公立 私立
授業料 62049(円) 215933(円)
遠足・見学費 2031(円) 3895(円)
学校納付金等 13825(円) 43000(円)
図書・学用品・学習材料費 8576(円) 10606(円)
学校外活動費 641(円) 1910(円)
通学関係費(バスなど) 23400(円) 33791(円)
その他 10024(円) 9628(円)
合計 120546(円) 318763(円)

これを見ると、純粋な「授業料」は公立で62,049円、私立で215,933円が年間でかかっている計算です。

幼稚園は幼児教育無償化で完全に無料にはならない

そして、純粋な「授業料」部分だけが無料になると仮定すると、先のデータから計算すると、幼稚園の場合は、月々に次の金額しか安くならない可能性がありますね。

幼稚園で無償化される費用

・公立幼稚園……約5,000円/月
・私立幼稚園……約18,000円/月

となると、最悪の場合、幼稚園はバス代や給食費を含む、公立で約15,000円/月、私立で約22,000円/月 は支払う必要があるかもしれません。

バス代などを含む「学校教育費」全体を無料にするとしても、次の金額は学校給食費などで毎月支払う必要があります。

無償化後も最低限支払う金額予測(平均)

・公立幼稚園……約1万円
・私立幼稚園……約14,000円

となると、幼稚園は完全無料とはいかないようです。隠れ授業料という部分が大きいですね。さすがに、給食費やバス代などは無料にはならないでしょうし、意外と費用はかさむ可能性があります。

それでも、年間のお金が半額以下になりますから、ありがたいですよね。

幼稚園の費用は2019年10月から格安に。完全無料にはならないので注意

幼稚園の費用は、現在公立、私立それぞれで月々平均次の金額がかかっています。

・公立幼稚園……約2万円
・私立幼稚園……約4万円

幼児教育無償化が進むと、これが半額以下になる可能性があるため、非常に助かりますよね。
とはいうものの、保育園と比べると「安くなる率」が低く感じます。

無償化とは言っても、格安になるだけで実質「完全無料」にはならない、ということを注意したいところです。

幼稚園の費用が増えるなら、今から家計見直しを

幼稚園に入ることで出費が増えてしまうご家庭は、今から家計を見直して、苦しくならないようにしておくことがおすすめ。

例えば、保険見直しサービスの「保険見直しラボ」は、毎月の保険料を抑えつつ、家庭に必要な補償を見直して家計改善に協力してくれます。

ベテランのフィナンシャルプランナーさんに相談できますから、家計相談も気軽にできますよ。

強引な勧誘も一切ないので、まずは固定費である「保険」から家計見直したい方には最適。

ゴリラママ

我が家も実際に保険見直しサービスを利用し、医療保険が月々1万円以上安くなりました。

幼稚園の費用で家計が心配な方は、ぜひ固定費である「保険」から見直して、家計改善してみてくださいね。

⇨今すぐベテランのFPに家計・保険の相談をする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です